Uncategorized

ゲイシャ -アリストクラット社が放つ魅惑のスロットゲーム-

オンラインカジノゲームのプロバイダーというだけではなく、アリストクラット社はカジノやバーなどに実際に置かれているマシンの時代から、スロットゲームを作り続けている老舗のゲームメーカーです。創業が1953年なので、彼らがどれほど長きにわたってこの業界に貢献してきたのかがお分かりになるかと思います。そんな彼らが作り出し、多くのスロットファンを楽しませてきたのが、ここで紹介する「ゲイシャ」です。もちろんあの日本の芸者をテーマにしたゲームで、もともとは実際のカジノなどに筐体として販売されていたスロットゲームです。かなりのロングランヒットを続けたスロットゲームなので、実際にご覧になったことがあるという方も多いのではないでしょうか。そして多くのスロットファンがオンラインカジノでも遊びたいと声を上げたため、それに応えたアリストクラット社が、オンライン対応スロットゲームとして改めて登場させた、というわけなのです。 ゲイシャの詳細 ゲイシャは、縦に5列、横に3列のリール構成を持ったスロットゲームです。ペイラインは25本。還元率は94.88%と、それほど高いわけではありません。 基本的なシンボルは、トランプのモチーフをもとにしたと思われるA、K、Q、J、10、9という5種類です。それに加え、カモメ、龍、蓮の花の紋章、扇子、富士山、鳥居、そしてもちろん芸者というシンボルが登場します。この芸者のシンボルはオールマイティー、つまり通常のスロットゲームにおけるワイルドの役割を果たします。ゲイシャの登場でラインが揃うと、彼女は慎ましやかな仕草で動き、あなたの勝利を祝福するのです。フリースピンは、鳥居のシンボルが3つ以上出現することで15スピン付与されます。 最近のスロットゲームと比べるとシンプルなように思えるゲイシャですが、しかし実はそのシンプルさがこのゲーム最大の魅力なのです。複雑すぎて何が起きているかわからない昨今のスロットゲームに辟易しているあなたにこそ、このゲイシャをお勧めします。 芸者がテーマの他のスロットゲーム このスロットゲームで「芸者」というテーマにハマってしまったあなたに、別の芸者をテーマにしたスロットゲームも紹介しましょう。その名も「芸者ストーリー」。プレイテック社が開発したこのオンラインスロットゲームは、同じ芸者をテーマにしながらも、全く違った雰囲気を醸し出しているゲームです。というか、中国文化が少し混じってしまっています。逆にそれが個性となって、独特の味のあるゲームとなっているのです。

オンラインカジノの入金方法

オンラインカジノに登録してまず最初に行わなければならないことが入金です。入金をするとそのお金を利用して、実際にカジノゲームを利用できるようになります。 この記事ではオンラインカジノの入金方法や注意点を紹介します。 入金手段 オンラインカジノによって対応している入金手段は様々で、以下のようなサービスを利用することができます。 クレジットカード(入金のみ) ビザ、マスターカード、JCB 電子決済サービス ecoPayz(エコペイズ)、iWallet(アイウォレット)、VenusPoint(ヴィーナスポイント)など 仮想通貨 ビットコイン、イーサリアム、リップル、ライトコイン、ビットコインキャッシュなど 銀行送金(出金のみ) 実際にオンラインカジノに登録する前に、対応している決済手段を確認しておくといいでしょう。 入金方法 入金するには、まずはオンラインカジノにログインします。そして、入金ページに進みます。すると、利用可能な入金手段が一覧で表示されるので、その中から利用したいものを選択しましょう。 そして、入金額を入力し、「入金」ボタンをクリックすると手続きは完了となります。基本的に入金は即時決済されるので、アカウントにすぐに入金額が反映されるはずです。 万が一、反映しない場合は、カスタマーサポートに連絡してみましょう。 オンラインカジノに入金するのは安全? オンラインカジノに入金することに対して不安に感じる人もいるでしょう。ライセンスを取得して合法的に運営されているオンラインカジノであれば、厳しい審査を通過しているので、安心して利用することができます。また、オンラインカジノではSSL暗号化技術などを使用して個人情報保護を徹底しているため、口座情報が洩れる心配などもありません。 入金する際の注意点 まず、入金する際は手数料の有無を確認しましょう。オンラインカジノ側では手数料を無料としている場合が多いですが、決済サービス側で手数料が引かれることがあります。また、利用している通貨によっては為替手数料が発生することもあります。 次に、最低入金額と最高入金額を確認しましょう。オンラインカジノでは入金の際の金額に制限を設けていることがほとんどです。この場合、この金額を超えて取引をすることができません。また、ギャンブル依存症を防ぐために自分で自己制限システムを利用して制限を設けることも可能です。